むくみの原因は病気?放っておくのは危険かも

むくみの原因は病気?放っておくのは危険かも

むくみ=水分の摂りすぎだと思っていませんか?
確かにお酒を飲みすぎてしまうと顔や手足がむくみます。しばらくすると元に戻るため、そこまで深刻に捉えていない人も多いでしょう。

しかしむくみの原因は様々。
中には病気によって体がむくんでいることもあるのです。

ラシックスやルプラック・ジェネリックといった利尿薬はむくみ改善に役立ちますが、症状の原因を知ることはとても大切です。

この記事ではむくみの原因について詳しく紹介していきます。

むくみって一体何?

・靴下の跡がなかなか消えない
・皮膚を指で押すと凹んだままになる
・朝起きると頬や目が腫れぼったい

といった症状に心当たりがある人は多いのではないでしょうか。
むくみはちょっとした体調の変化で起こるもの。むくみやすい体質の人もいます。

では、なぜむくみが起こるのでしょうか。
むくみのメカニズム
血管から染み出した水分は栄養を含んでおり、細胞組織に届きます。そして細胞組織から老廃物を除去し、再び血管やリンパ管に吸収されます。

しかし何らかのきっかけで水分の再吸収が行われない場合、水分は細胞組織間に留まることにこれがむくみの正体です

水分の摂りすぎが主な原因として考えられますが、実はそれ以外にも顔や手足のむくみを引き起こす要因があります。

筋肉量が少ないとむくみやすい

筋肉は体を動かすだけではなく、筋ポンプ作用(静脈を圧迫して血液を循環させる働き)も担っています。
特に第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの筋肉はとても重要です。

心臓から全身へと送られる血液は、重力によって下半身に溜まりやすくなります。
しかしふくらはぎの筋肉が血液を心臓へと押し上げます。この働きで血液は全身を循環できるのです。

しかし筋力が弱いと血行不良を起こしやすくなります

女性は月経によるホルモンバランスの乱れで血行不良を起こしやすいのですが、男性に比べて筋肉量が少ないこともむくみやすい原因として考えられます

長時間同じ姿勢だと血行不良によってむくむ

長時間の同じ体勢はむくみの原因になる
イスに座ったままの姿勢を長時間続けていると、関節を曲げることでリンパ管を圧迫します。
そして血流も滞りやすくなるため、むくみや手足の冷えが生じてしまうのです。

デスクワーカーは特に注意が必要。長時間座った体制で過ごすことが多いとむくみやすくなります。

また、飛行機に乗っていると脚がむくむことも。
これは座りっぱなしの姿勢に加え、気圧の変化による血行不良が原因として考えられます。

水分不足にも要注意!

むくみの主な原因は水分の摂りすぎだと述べましたが、逆に水分が不足することでむくみが起こるケースもあります。

体内の水分量が不足すると、脳が水分の排出を抑えるよう司令を出します。そして体の機能を保つために必要な水分を溜め込もうとするのです。

結果的に新陳代謝が低下し、慢性的なむくみに繋がることも…。

医薬品の副作用でむくむこともある

抗がん剤などの治療薬はむくみを引き起こすことがあります
血管が水分を吸収する力が弱まってしまい、細胞組織間の水分がなかなか減らないことが原因です。

経口避妊薬(ピル)やカルシウム拮抗薬、抗うつ剤などは副作用としてむくみをもたらすことが多いようです。
服用中の薬の副作用を確認してみましょう。

むくみを引き起こす病気について

様々な原因によって引き起こされるむくみですが、特定の病気によってむくんでいる可能性もあります。

むくみをもたらす主な病気は以下の通り。

病名 むくみを起こす要因
腎機能障害 水分を尿として排出する働きが低下する
心不全 血行不良を起こしやすくなる
リンパ浮腫 リンパの流れが滞りやすくなる
肝硬変 アルブミン不足により血液中の水分量が減る(細胞組織間に流出する)
甲状腺機能低下症(橋本病) 甲状腺ホルモンの減少により代謝が低下し、血行不良を起こしやすくなる

また、糖尿病の合併症により腎機能が低下することでむくみが起こることもあります。

異変を感じたらすぐに病院へ

むくみは誰にでも起こり得るものなので、危険視するほどではないと考えている人は多いはず。

しかしむくみの原因が病気だった場合、そのサインを見逃してしまうと命に関わるかもしれません

原因に心当たりがない、またはむくみが数日取れないといった状況であれば、すぐにでも医療機関を受診しましょう。